レッスンプログラム

新プログラム構成表について

  1. HOME >
  2. レッスンプログラム >

新プログラム構成表について

2021年7月1日 「新プログラム構成表」をリリースいたしました。

 

これまで、各プログラムについて、曲ごとに時間やペース、その曲中に出てくるコリオを一覧にした「構成表」を公開しておりました。この度、新プログラム構成表として全面リニュアルすることにしました。「新構成表」では、レッスン前にチラッと確認するのを主目的によりシンプルに一覧性を高めました。(7月1日現在、BB2・BSB・BSBi・BSL・BSW・BSWiのレギュラープログラムの新構成表を公開しています。BB1,BB3およびリザレクション対象プログラムについては準備中です。)

 

旧構成表との主な違いは次の通りです。

  • 曲ごとに登場するコリオの記載をなくしました。(特徴的なコリオのみ載せてあります)
  • 初級者の方が特に気になるポジション3ダブルタイムやRUNなどは掲載しました。
  • 細かな内容を省き、一覧性を高めて、レッスン前にパッと目を通してスタジオに入る、という使い方を想定しました。

新構成表のサンプルとその内容について少し詳しく記載します。


 

① プログラム名  ② 総合強度評価  ③ 強度評価のランク

プログラム名①と、その右②に総合強度評価を記載してあります。②の総合強度評価は強度表の強度ランク(ランク1から10)に準じています。また、③の部分に強度ランクによる色分けを載せてありますので参考にしてください。

④ 曲ごとの強度の目安

曲ごとにおおよその強度の体感度合いを軽い順に、WarmUP Easy (ここまで水色) Normal(ハダ色) Hard Sprint(赤) SoHard Sprint(紫)と区分けしました。赤や紫の曲が何曲目にあるのか一目でわかります。また、クランチやダンベルは白にしてありますが、漕ぎながらのダンベルの場合は色付けしてあることもあります。

⑤ 曲のベースの漕ぎかた

その曲のベースとなる漕ぎ方を示します。P2RHならポジション2リズム、P3DTならポジション3ダブルタイムを意味しています。また、ベースの漕ぎ方の右側に「長」とか「速」とか「超」のフラグを付けてあります。曲の長さが5分を超える者に「長」、曲のペース(BPM)が150を超える場合「速」、BPMが160を超える場合「超」としました。特に「速」や「超」は相当早いと考えてください。

⑥ 強度を高める構成要素と特徴的な構成要素

曲に出てくる特徴的なコリオが記載されています。特に、強度が高く感じる(初級者さんが気になる)構成要素であるスタンディングファスト(SF)、ラン(RUN)、ポジション3ダブルタイム(P3DT)は必ず記載するようにしました。その他、曲の感じの目安にしてもらうために、あまり登場しないコリオもいくつか載せてあります。一方、プッシュアップやエルボーダウン、タップイットバックやバックトゥーアップ、サイドトゥーサイドといったよく登場するコリオは省略してあります。

⑦ プログラムの一言コメント

そのプログラムの特徴についての一言コメントです。


各シリーズの「新構成表」のページはこちらです。

シリーズ名 レギュラー リザレクション対象
BB1 準備中 準備中
BB2 BB2レギュラー BB2リザレクション
BB3 準備中 準備中
BSB/BSBi BSB系レギュラー 準備中
BSL BSLレギュラー 準備中
BSW/BSWi BSW系レギュラー 準備中

おすすめの記事はこちら

1

2021年7月1日 「新プログラム構成表」をリリースいたしました。   これまで、各プログラムについて、曲ごとに時間やペース、その曲中に出てくるコリオを一覧にした「構成表」を公開しておりまし ...

2

「FEEL ANYWHEREどうします?」アンケート集計結果【最終】 2021年5月31日(月)に開始した「FEEL ANYWHEREどうしますか?」アンケートは6月30日(水)をもって終了といたしま ...

3

フィール大好きなオーサーが事業戦略を考えてみた(ちょっと長い記事です) われわれが大好きなフィールサイクル。その経営と事業戦略としてのFEEL ANYWHEREについて考察してみました。 ※この記事は ...

-レッスンプログラム

Copyright© FEEL CYCLE, FEEL MORE BRILLIANT , 2021 All Rights Reserved.