プログラムレポート

BB2 MOVIE2のプログラムレポートと強度評価

  1. HOME >
  2. レッスンプログラム >
  3. プログラムレポート >

BB2 MOVIE2のプログラムレポートと強度評価

※2021年11月リリースのプログラムBB2 MOVIE2の強度評価とプログラム構成を提供いたします。

<2回以上受講できたものを順に公開していきますが、プログラム構成が間違っていることがあるかもしれませんので、参考までにご覧ください。さらに受講して誤りがあれば随時訂正してまいります。>

最新のプログラム強度表(フルバージョン)はこちら

BB2 MOVIE2(ビービーツー ムービー2)

プログラムリリース日:2021年11月1日(月)

2021年11月1日にリリースされたBB2 MOVIE2。11月末まで限定のイベントプログラムです。とはいえ、すぐに冬のリザレクションが始まるので復活の日も近いかと思われます。


プログラム全体としては、1)曲数が全11曲 2)ダンベル1曲 3)1曲目からそこそこ飛ばしていってラストソングはたっぷりのポジション3ラン(ランはラストソングのみ) 4)強度はBB2標準(MOVIE1と比べると高い強度) といった感じでしょうか。

BB2シリーズの中では標準的で、レギュラープログラムではBB2 Comp1と同程度、リザレクション対象プログラムだとZEDDと同じくらいかと評価しました。印象としては、ラストソングの3回のRUN(合計128カウント)で強度を感じますが、それ以外は強弱のあるバランスの取れたよいプログラムに仕上がっています。凝ったコンビネーションはありません。基本的なコリオとその組み合わせでしっかり漕げます。プログラム名の通り、映画音楽のみで構成されており、コリオとのシンクロ度が高く、レギュラープログラムにすればいいのに、と思いました。

プログラム強度評価は、脚強度14・腕強度4・腹強度3の総合評価21ポイントとしました(マックス値は脚20、腕10、腹10です)。もちろん強度の感じ方は人それぞれなので、違うご意見もあるかとは思います。

楽曲 -- アーティスト duration BPM
Hugh Jackman, Keala Settle, Zac Efron, Zendaya & The Greatest Showman Ensemble - The Greatest Show 5'02 158
<NORMAL> ベースはポジション3リズム(少し速め)

タップイットバック、プッシュアップ(2カウント→シングルカウント)、タップ&プッシュ、ダブルタップ&ダブルプッシュ

間奏で座って、再度ポジション3へ。タピバとタップ&プッシュをたっぷりとやります。

1曲目ですが、ほとんどの方にとってはウォーミングアップとは言えない感じでしょう。

映画「グレイテスト・ショーマン(The Greatest Showman)」から。

Elton John & Taron Egerton (I'm Gonna) Love Me Again (From "Rocketman" / Purple Disco Machine Remix) 3'25 123
<EASY>ベースはポジション3リズム(普通の速さ)1曲目で少し上がった息をこの曲で整えましょう。

立ち漕ぎリズムでバックトゥーアップ(2カウント)、エルボーダウン(2カウント)、エルボーダウンライレフ(2)をやってコンビネーション{バックトゥーアップ(2カウント)+2エルボーダウン(2カウント)}から{バックトゥーアップ(2)+エルボーダウンライレフ(2)}。

2コーラス目は2アップ2バックから、1コーラス目と同じコンビネーション{バックトゥーアップ(2カウント)+2エルボーダウン(2カウント)}から{バックトゥーアップ(2)+エルボーダウンライレフ(2)}です。

映画「ロケットマン(Rocketman)」から。

Christina Aguilera - Express 4'20 127
<HARD>ポジション3ダブルで心拍上げます。ベースはポジション3リズム(ゆっくりめ)

1コーラス目は、リズムで漕ぎながらサイドトゥーサイド、プッシュアップ(2カウント)の後、サビでポジション3ダブルタイム(64カウント)+ダブルタイムのままバックトゥアップ(2カウント)を32カウント分。スローダウンしてリズムに落として2コーラス目。

2コーラス目も同じで、サイサイ、プッシュアップからポジション3ダブル→ダブル+バックトゥーアップ。

ここで一旦座らせてもらえて最後のコーラスはポジション2ダブルタイムでリズム(スローダウンなしです)。最後のサビはポジション3スタンディングファスト(8カウント)から4カウント。結構長めにスタンディングファストやります。

ポジション3ダブルとスタンディングファストで一気に心拍が上がります。

映画「バーレスク(Burlesque)」から。

John Mayer - Say 3'50 168
<NORMAL>ベースはポジション3ダブルタイム(ゆっくりめ) サイサイのセット。

ゆっくりめのダブル(あるいは速めのリズム)で漕ぎながら、サイドトゥーサイド(4カウント)。サビで2カウント。

座ってリズムで漕いで立ち上がり、ふたたびサイサイ(2カウント)からコンビネーション{サイサイ(4)→(2)}です。サイサイのコンビネーションは、{右右右右→左左→右右・左左左左→右右→左左}って感じ。

映画「最高の人生の見つけ方(The Bucket List)」から。

Gnarls Barkley - Crazy 2'57 112
<EASY>ベースはポジション3ブルタイム(少しゆっくり目)

最初少しだけ座って漕いでから立ち上がります。ペースはゆっくり目のダブル。プッシュアップ(2カウント)からバックトゥーアップ(2カウント)の後、コンビネーション{2プッシュアップ(2カウント)+バックトゥーアップ(2カウント)}。この流れを1曲丸ごとです。

プログラム半ばに休憩曲を入れて、全体の強度を抑えてくれています。

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(Birdman or(The Unexpected Virtue of Ignorance))」から。

John Legend - Move (feat. Fink) 3'50 132
<EASY~NORMAL>ベースはポジション1ダブル

ディープ系の曲です。ポジション1ダブルタイムで漕ぎながら、エルボーダウン(4カウント)や(2カウント)を繰り返します。疾走感のある曲ですが、それほど速くはなく、人によっては休憩曲でしょう。ポジション1のエルボーダウンは腹筋と同時に上腕筋にも効いてきます。

映画「それでも夜は明ける(12 Years a Slave)」から。

Bea Miller - Brand New Eyes (From "Wonder") 3'27 120
<EASY>ベースはポジション3リズム(普通の速さ)

普通の速さの立ち漕ぎで、バックトゥーアップ(4カウントから2カウント)、サイドトゥーサイド。

2コーラス目はコンビネーション{バックトゥーサイド(4カウント)}から{バックトゥーサイド(2カウント)}

明らかに休憩させてもらえる曲です。

映画「ワンダー君は太陽(Wonder)」から。

Jennifer Hudson - I'll Fight 3'19 82
<HARD> ダンベル前のスプリント曲。ベースはポジション2ダブルタイム(普通の速さ)でポジション3ダブルで心拍を上げます。

1コーラス目、ポジション2ダブルでプッシュアップ(4カウント)、プッシュ&エルボー(2カウント)の後ポジション3ダブルタイム(32カウント)、座ってプッシュ&エルボー(2カウント)。

2コーラス目は座り漕ぎで2プッシュ2エルボーの後ポジション3ダブルタイム(32カウント分)で座り漕ぎに戻ってプッシュ&エルボ(2)。

最後のサビはポジション3ダブルタイム+プッシュ&エルボー(2カウント)を64カウント分。

映画「RBG 最強の85歳(RBG)」から。

Madcon - Beggin (original Version) 3'36 129
<Dumbbell>ショルダープレスとチェストプレスとフライのセット

ショルダープレスとチェストプレスとフライを、それぞれ単独だったり、組み合わせたり。きちんと肘を上げ続けるとしんどいダンベルです。

映画「ストリートダンス TOP OF UK(STREET DANCE TOP OF UK)」から。

10 Kim Burrell & Pharrell Williams - I See a Victory 3'07 190
<EASY~NORMAL>ベースはポジション3リズム(速め)

速めの立ち漕ぎリズム(あるいはゆっくり目のダブル)で漕ぎながらタピバ、ダブルタピバを繰り返します。

この曲も人によったら休憩曲。立ち漕ぎダブルの苦手な方にはちょうどよい練習でしょう。

映画「ドリーム (Hidden Figures) 」から。

11 Bebe Rexha - Beautiful Life (From the Motion Picture Abominable) 3'23 128
<HARD>ベースはポジション2ダブルタイム(普通の速さ)

ポジション2ダブルタイムで、エルボーダウン(4カウント)から2カウント。その後ポジション3RUN(32カウント)。

2コーラス目も同じくエルボーダウンやってポジション3RUN(32カウント)。

最後のコーラスは、エルボーダウンののち、ポジション3RUN(64カウント)です。このラストソングがあるおかげでプログラム全体の強度はそこそこに引きあがっています。

映画「スノーベイビー(Abominable)」から。

このプログラムは基本的なコリオとそのコンビネーション、ところどころに低強度曲が入りながらもラストで合計128カウントのポジション3RUNが登場してプログラム全体を引きしてめている感じです。バランスの良い好プログラムだと感じました。11月中限定提供ですが、その後もリザレクションでかかればまた受けたい気持ちでスタジオを後にしました。

 

おすすめの記事はこちら

1

2021年7月1日 「新プログラム構成表」をリリースいたしました。   これまで、各プログラムについて、曲ごとに時間やペース、その曲中に出てくるコリオを一覧にした「構成表」を公開しておりまし ...

2

自宅にANYWHEREがあります。 何度か書いたことがあるので、ご承知の方もいるかと思いますが、私の自宅にはFEEL ANYWHEREがあります。昨年(2020年)の11月の末に公募された「FEEl ...

3

※2021年8月リリースのプログラムBB2 MLN3の強度評価とプログラム構成を提供いたします。 <2回以上受講できたものを順に公開していきますが、プログラム構成が間違っていることがあるかもしれません ...

-プログラムレポート

Copyright© FEEL CYCLE, FEEL MORE BRILLIANT , 2021 All Rights Reserved.