漕ぎ方と動作

基本姿勢(1)サドルとハンドル位置の調整

  1. HOME >
  2. 初級者のための道しるべ >
  3. 漕ぎ方と動作 >

基本姿勢(1)サドルとハンドル位置の調整

①サドルの高さの調整

サドルの高さは、体験レッスンの時にバイクの横で最初にインストラクターに教わることの一つです。たぶん「腰骨の高さくらい」と言われます。が、腰骨のどこ?って感じで、数センチの誤差は出るのは自然なこと。

レッスン前の「前説」で少し時間があるときなどにインストラクターが教えてくれる調整の仕方が以下。

"サドルにまたがって最後方に座り、左右いずれかのペダルを一番下まで下ろし、(つま先を下に向けず)つま先とかかとは同じ高さにしたときに膝に少し余裕がある高さ"、が最適な高さ。「少し余裕のある」がまた感覚的な言葉ですが、要は膝が伸び切ると高すぎるってことです。膝が伸びきる高さにすると高回転でペダリングした時にフクラハギが伸びすぎて足つりの原因の一つになります。

②ハンドルの高さとサドルの前後

ハンドルの高さはサドルの高さの数値と同じところが原則。ただし、背の低いひとでサドルの高さが3以下の場合にも、ハンドルは3以下にしないように、と言われると思います。ハンドルを3以下にすると(サドルが3以下の場合、)ハンドルが遠くなりすぎるのが理由のようです。

慣れてくるとサドルの高さの数値よりも高くしたり、低くしたりを試してみて、自分が最も快適に漕げるハンドル高さを見つけましょう。ちなみに私は、サドルが4、ハンドルが5~5.5に設定して漕いでいます(黒バイク)。

また、ハンドルをいつもよりも低くしてプッシュアップの効かせ方を強くするとか、ハンドルをいつもより高くしてプッシュアップが多く出てくるプログラムの強度を調整するなどもやっていいことです。

 

サドルの前後は、まずサドルの一番後方に座骨(おしりのとんがった骨)が来るように座り、左右どちらかのペダルを一番前の位置に置いたときに、ひざとつま先が垂直に一直線になるようにします。基本姿勢(背中を丸めて腹筋に力を入れて前かがみにする)の時に手のひらがハンドルにかかるくらいになるはず。その時に肘が伸びきらないように注意します。少しわかりづらいので、下の略図でご確認ください。

膝頭とつま先が揃うところがサドルの前後位置。


 

おすすめの記事はこちら

1

フィール大好きなオーサーが事業戦略を考えてみた われわれが大好きなフィールサイクル。その経営と事業戦略としてのFEEL ANYWHEREについて考察してみました。 ※この記事は、公開されて誰でも入手で ...

2

FEEL ANYWHEREどうしますか? 昨年末に自宅でフィールサイクルのレッスンが受けられるバイクとモニタがセットになったFEEL ANYWHEREのリリースが発表されました。何度も繰り返される緊急 ...

3

今回のロッカールームトークは「BB3とかスクリレックスとかって…のおはなし」です。 ときどきBB3のプログラム漕いでるけど、BB3ってどんな感じになってるの?Wife Authorサイトの読者さんから ...

4

2021年6月7日、BB2 Hit21の評価ができたのを機会に強度表を更新いたしました。 新規リリースプログラムのうちいくつかはまだ評価できるほど受講できていないので強度評価の記事は公開しておりません ...

-漕ぎ方と動作

Copyright© FEEL CYCLE, FEEL MORE BRILLIANT , 2021 All Rights Reserved.