漕ぎ方と動作

チューブ

  1. HOME >
  2. 初級者のための道しるべ >
  3. 漕ぎ方と動作 >

チューブ

BSB(ボディシェイプ バック アンド アーム)シリーズのプログラムでは、ダンベルとともにチューブ運動が出てきます。

現行のレギュラープログラムに登場する動作の種類はそれほど多くなく4種類かな。

ラットプル  Lat Pull

チューブを両端を両手で持って肩幅程度に伸ばして、チューブを頭の後ろを通すように両肘を頭の横において前腕を90度垂直に立てます(セットポジション)。胸を張りながら肩甲骨を寄せるようにしながらチューブを頭の後ろを通して引き下げます。ゆっくりセットポジションにもどします。

ローイング  Lowing

チューブを持った片手をポジション1で固定し、肘を肩の高さに上げて頬の前あたりにセット。そこから肘の高さを変えないで肩甲骨回りの筋肉を使って手を真横後ろに引いていきます。

トライセプス  Triceps

両手に持ったチューブを背中を通す形で右手を頭の上、左手を背中にセット。ここから右手を上方向に、左手を下方向に引っ張ります。このときに背中に回した手が背中に触れないのがポイント。スイッチで左右を入れ替えて。

両手に持ったチューブを背中を通さず、身体の前面で両側に(あるいは片手ずつ)真横に引っ張るトライセプスもあります。

キックバック  Kick Back

チューブを持った片手をポジション1で固定し、もう片方の肘を身体の側面で固定してチューブを持った手は太ももの高さあたりにセット。肘の位置を変えないようにしながら肘を伸ばし、チューブを背中側にまっすぐ引っ張ります。


なお、チューブを背中に回して胸の前で構え、チューブを引き伸ばしながら(ダンベルで出てくる動作の)チェストプレスやアームカール、フライをやるという、ちょっと変わったチューブコリオがBSB Hit4に出てきます。リザレクションでかかればぜひどうぞ。名プログラムだと思います。

 

おすすめの記事はこちら

1

2021年7月1日 「新プログラム構成表」をリリースいたしました。   これまで、各プログラムについて、曲ごとに時間やペース、その曲中に出てくるコリオを一覧にした「構成表」を公開しておりまし ...

2

「FEEL ANYWHEREどうします?」アンケート集計結果【最終】 2021年5月31日(月)に開始した「FEEL ANYWHEREどうしますか?」アンケートは6月30日(水)をもって終了といたしま ...

3

フィール大好きなオーサーが事業戦略を考えてみた(ちょっと長い記事です) われわれが大好きなフィールサイクル。その経営と事業戦略としてのFEEL ANYWHEREについて考察してみました。 ※この記事は ...

-漕ぎ方と動作

Copyright© FEEL CYCLE, FEEL MORE BRILLIANT , 2021 All Rights Reserved.