漕ぎ方と動作

サイドトゥーサイド

  1. HOME >
  2. 初級者のための道しるべ >
  3. 漕ぎ方と動作 >

サイドトゥーサイド

サイド トゥー サイド(サイサイ) Side to Side (S2S)

ポジション3立ち漕ぎの状態で、少し体勢を低くして腰を後ろに引き、左右に体を振る全身運動。上半身(肩)だけ左右に動かすのではなく、腰でサドルをまたぐように全身で左右に揺れるのが正解。動きの起点は腰から、が大事。左右に振れるときに頭の位置は平行移動(頭が山なりに動くのは×)腕に力を入れすぎないようにあくまでも身体を支えるのは腹筋で。

サイサイの要諦は、サイドで振り切って戻すときに体幹でしっかり身体の位置をキープする事。腕でもどしてはもったいない。

「ワン・ツー」のワンで右足になっていないと、隣の人と逆サイドになるので、注意。

テンポの遅いサイサイは大きく。テンポが速くなればコンパクトに行うが、上半身だけの動きにならないように。また、サイサイをするときの身体の位置は高いところから低いところまでいくつかのポジションで行えます。

 

おすすめの記事はこちら

1

2021年7月1日 「新プログラム構成表」をリリースいたしました。   これまで、各プログラムについて、曲ごとに時間やペース、その曲中に出てくるコリオを一覧にした「構成表」を公開しておりまし ...

2

自宅にANYWHEREがあります。 何度か書いたことがあるので、ご承知の方もいるかと思いますが、私の自宅にはFEEL ANYWHEREがあります。昨年(2020年)の11月の末に公募された「FEEl ...

3

※2021年8月リリースのプログラムBB2 MLN3の強度評価とプログラム構成を提供いたします。 <2回以上受講できたものを順に公開していきますが、プログラム構成が間違っていることがあるかもしれません ...

-漕ぎ方と動作

Copyright© FEEL CYCLE, FEEL MORE BRILLIANT , 2022 All Rights Reserved.