漕ぎ方と動作

バックトゥーアップ

  1. HOME >
  2. 初級者のための道しるべ >
  3. 漕ぎ方と動作 >

バックトゥーアップ

バックトゥーアップ  Back to Up  (B2U)    あるいは アップトゥーバック

ポジション3で、頭と体を沈めながら腰を大きく後ろにサドル上まで引き(Back)元に戻す(Up)。

 

脚とヒップ、体幹を鍛える運動。バック状態の時には極力バウンドしない「ノーバウンズ」で。バックで身体を引いているときに脚とお尻に、アップで前に戻るときに腹筋に効く。バックしている時にも腹筋を意識すること。

8カウントバックトゥーアップでは、後ろに引いて8カウント、戻って立ち漕ぎ8カウント。4カウントB2Uは、バックで4カウント戻って4カウント。2カウント(2バック2アップ)もある。インストラクターによっては4カウントバックトゥーアップを「4バック4アップ(または4アンド4)」、2カウントバックトゥーアップのことを「2アンド2」と言うこともあります。

変わったところでは、3バック1アップというコリオもあります。1・2・3でバック、で4でアップです。ワンハンドバックトゥーアップが出てくるプログラムもありますよ。片手を腰に回して片手でバックトゥーアップです。(ワンハンドクラウチングもあり)

また、クラウチング状態(腰を引いたバックで漕ぎ続ける状態)からスタートしてアップの状態が先にくる場合は、「アップトゥーバック (Up to Back)」という。

 

コンビネーションではバックから戻ってプッシュアップするバックトゥープッシュ(Back and Push)や、バックから戻ってサイドトゥーサイドをするバックトゥーサイドトゥーサイド(Back and Side to Side)などがある。

そのほか、BB2 Jazz1では、4アップ2バック2アップ4バック2アップ2バックというコンビネーションが出てくるし、BSL Deep1では、もっと凝ったバックトゥーアップコンビネーションも。初めて受講するときにはインストラクターの指示をよく聞いて、集中しないと、「あれ、いまどこ?」と迷子になります。迷子になったらインストラクターの動きを真似ましょう。

おすすめの記事はこちら

1

2021年7月1日 「新プログラム構成表」をリリースいたしました。   これまで、各プログラムについて、曲ごとに時間やペース、その曲中に出てくるコリオを一覧にした「構成表」を公開しておりまし ...

2

自宅にANYWHEREがあります。 何度か書いたことがあるので、ご承知の方もいるかと思いますが、私の自宅にはFEEL ANYWHEREがあります。昨年(2020年)の11月の末に公募された「FEEl ...

3

※2021年8月リリースのプログラムBB2 MLN3の強度評価とプログラム構成を提供いたします。 <2回以上受講できたものを順に公開していきますが、プログラム構成が間違っていることがあるかもしれません ...

-漕ぎ方と動作

Copyright© FEEL CYCLE, FEEL MORE BRILLIANT , 2022 All Rights Reserved.