プログラムレポート

BB2 JMCF(ANYWHERE)のプログラムレポートと強度評価

  1. HOME >
  2. レッスンプログラム >
  3. プログラムレポート >

BB2 JMCF(ANYWHERE)のプログラムレポートと強度評価

※2022年7月リリースのプログラムBB2 JMCFの強度評価とプログラム構成を提供いたします。なお、このプログラムはFEEL ANYWHEREのみでの提供です(スタジオ提供は現時点ではありません)。

BB2 JMCF(ビービーツー ジミークリフ)

プログラムリリース日:2022年7月1日(金)

2022年7月1日にエニウェアで提供がはじまったBB2 JMCF。レゲエの音楽で夏向きのプログラムです。


プログラム全体としては、1)曲数が全12曲 2)ダンベル2曲(うち一曲はポジション3で漕ぎながら片手でダンベル) 3)RUNも速いポジション3ダブルもなく、きつめなのはラストソングくらいの比較的優しい構成 5)全体の強度はBB2でも低い といった感じでしょうか。

BB2シリーズの中では軽めです。レギュラープログラムではBB2 Comp1より低め、ROCK1やHOUS4と同程度か少し高いと感じる程度かと評価しました。印象としては、レゲエの音楽に乗って軽めに漕ぎたいときに最適か。ダンベルが2曲で、そのうち1曲は立ち漕ぎしながら、なので、この立ち漕ぎダンベルとラストソングが一番息が上がりそうです。

プログラム強度評価は、脚強度14・腕強度3・腹強度3の総合評価20ポイントとしました(マックス値は脚20、腕10、腹10です)。もちろん強度の感じ方は人それぞれなので、違うご意見もあるかとは思います。

 

楽曲 -- アーティスト duration BPM
Come Into My Life 2'54 166
<EASY> ベースはポジション2座り漕ぎリズム(少し速め)

1コーラス目は座って、エルボーダウン、エルボーダウンライト&レフト、ダブルライト・ダブルレフト。

2コーラス目はポジション3で漕ぎながら、エルボーダウンライト&レフト(シングル)からダブルライト・ダブルレフトです。ウォーミングアップ曲といえるでしょう。

Wonderful World, Beautiful People - Single Version 3'14 106
<EASY>ベースはポジション3リズム(ゆっくりめ)のバックトゥーアップとプッシュアップ曲です。

立ち漕ぎリズムでバックトゥーアップ(2カウント)からプッシュアップ(2カウント)、サビでコンビネーション{2バック2アップ+プッシュアップ(2)✕2}

2コーラス目はバックトゥーアップ(2カウント)からバックトゥープッシュ、サビでさきほどと同じコンビネーション。

最後のサビ部分も同じコンビネーション{2バック2アップ+プッシュアップ(2カウント)✕2}

Sufferin' In The Land 3'09 120
<NORMAL>ポジション2ダブルからスタンディングファストで心拍上げます。ベースはポジション2ダブルタイム。

開始しばらくしてからエルボーダウン(2カウント)をして、スタンディングファスト(8カウント)。

しばらくポジション2ダブルタイムで漕いで、2コーラス目はコンビネーション{スタンディングファスト4アップ+エルボーダウン(2)、4ダウン+エルボーダウン(2)}

スタンディングファスト+エルボーダウンが少し長く続きます。BB2の3曲目らしくスプリント系ですが、それほど速くはないので頑張りましょう。

The Harder They Come 3'39 103
<NORMAL>ベースはポジション3リズム(ゆっくりめ) のサイサイ曲です。

ゆっくりめのリズムでで漕ぎながら、サイドトゥーサイド、バックトゥーアップ(2カウント)、サイドトゥーサイドと流れます。

最後のサビはコンビネーション{2バック2サイド}です。

Wild World 3'52 152
<NORMAL>ベースはポジション3リズム(少し速め) タピバのセットです。

少々速めのリズムで漕ぎながらタップイットバック、ダブルタップイットバック。少し速めなので、息が上がるかもしれませんが、体幹で漕げば大丈夫です。

Many Rivers To Cross 3'00 138
<NORMAL>ベースはポジション3リズム(普通の速さ) 2カウントのサイサイ。

1曲ほとんどまるごと2カウントのサイドトゥーサイド(2カウントづつ右・左)です。

Sitting In Limbo 4'55 165
<NORMAL>ベースはポジション2リズム(少し速め)

ペースは少し速めに感じるくらい。1コーラス目は座り漕ぎ、2コーラス目は立ち漕ぎです。コリオは1コーラス目は座り漕ぎでプッシュアップ(2カウント)・エルボーダウン(2カウント)・プッシュ&エルボー(2カウント)・プッシュ&エルボー(シングルカウント)

2コーラス目はポジション3立ち漕ぎで、プッシュ&エルボー(2カウント)からコンビネーション{プッシュ&エルボー(2カウント)・プッシュ&エルボー(シングル)✕2}。

Sooner Or Later 5'15 79
<HARD> ダンベル前ですが、比較的ゆっくり目のポジション3ダブルでタピバ中心のコリオです。

この曲は、少し長め。ゆっくり目のポジション3ダブルで漕ぎながら、ダブルタップイットバック→エルボーダウンライト&レフト(2カウント)→2ライト2レフト。

2コーラス目がコンビネーション{ダブルタピバ+ダブルエルボーダウン(シングルカウント)}、さらにコンビネーション{ダブルタピバ+ダブルエルボー(シングル)+2ライト2レフト}。

3コーラス目は、タップイットバックからタップ&エルボー、最後がコンビネーション{タップ+エルボーダウン+ライト&レフト}。

ダンベル前で、少し長い曲なので、息は上がりますが、漕ぎ切れないことはないでしょう。

Hard Road To Travel 2'38 169
<Dumbbell>

ショルダープレスとチェストプレスのセット。

10 You Can Get It If You Really Want 2'39 128
<Dumbbell> ポジション3リズム+片手ダンベル

ダンベル2曲目はポジション3で漕ぎながら片手でのダンベルです。

片手ずつ、キックバックとフロントパンチ、{フロントパンチパンチ&キックバック}。意外と息が上がります。

11 I Can See Clearly Now 3'15 120
<EASY>ベースはポジション3リズム(ふつうの速さ) ダンベル後の休憩曲。

ポジション3リズムで漕ぎながら、タップイットバック、ダブルタピバを繰り返します。ラストソングに備えて息を整え、脚をやすませましょう。

12 Goodbye Yesterday 3'23 118
<NORMAL>ベースはポジション2ダブルタイム(すこしゆっくり目)

ポジション2ダブルタイムで開始、しばらくして立ち上がりポジション3ダブルタイム、その後座ってプッシュ&エルボー(2カウント)。

2コーラス目も、96カウントほどのポジション3ダブルタイムの後、座ってプッシュ&エルボ―(2カウント)、そのあとエルボー&プッシュ(シングルカウント)です。プッシュ&エルボーではなく、エルボー&プッシュ。このプログラムはオフビートが多いので、オフビートのプッシュ&エルボーととらえてもいいかも。

最後のサビ部分は128カウントほどのポジション3ダブルタイムで、漕ぎながらプッシュ&エルボー(2カウント)です。

このプログラムはRUNはなく、ポジション3ダブルタイムで少し強度を保っている感じです。初級者向けの夏のBB2プログラムと位置付けていいと思います。

おすすめの記事はこちら

1

「強度の感じ方は人それぞれ」であり、この強度表の評価がすべて受け入れられるとは考えられませんが、特にこのサイトの想定読者のみなさんがステップアップしていくにはある程度の目安 ~ 道しるべ ~ が必要だ ...

2

※2022年7月リリースのプログラムBB2 JMCFの強度評価とプログラム構成を提供いたします。なお、このプログラムはFEEL ANYWHEREのみでの提供です(スタジオ提供は現時点ではありません)。 ...

3

ついにFEEL ANYWHEREがやってきました 一昨年、コロナ禍の中、FEEL ANYWHERE(このサイトでは「エニウェア」と呼ぶことにいたします)のリリースがアナウンスされました。2020年9月 ...

-プログラムレポート