BSL プログラム

BSL

  1. HOME >
  2. レッスンプログラム >
  3. (旧)構成表 >
  4. BSL プログラム >

BSL

BSLシリーズは、ボディシェイプレッグ&ヒップ(Body Shape Leg & Hip)の略称で「美脚、美しいヒップラインを目指す方に向けたプログラム。低負荷のペダル運動を長時間行い、自転車運動によりスラっと引き締まった「バイクレッグ」を目指します。下半身の運動に特化することで、美しい美脚・ヒップラインの実現をサポートします。(フィールサイクルのプログラム説明から引用)」というシリーズです。

このレッグシリーズは、基本的にプッシュアップとかエルボーダウンとかいった上半身負荷のコリオは出てきません。そのかわり脚をがんがん回すキッツいシリーズという印象があって敬遠する人も多いようです。ポジション3ダブルタイムが難関だと感じる初級者のみなさんにとっては敷居が高いところですが、よい練習になるプログラムもあり、一度チャレンジしてみるといいと思います。


bsl

 


BSL HIT7 (12-4-2) 総合評価18

標準の10曲構成。

レッグシリーズでは一番強度が低くチャレンジしやすいプログラムです。コリオが一切なく漕ぐだけの曲が4曲(1・4・7・10曲目)あって、漕ぎ方に集中できます。ポジション3ダブルタイムは4曲に登場しますが、「もうだめだぁ」という直前に座らせてくれるので乗り切れます。また5曲目は丸ごとポジション3ダブルでタップイットバックをしていきますが、ギリギリ耐えきれるペースなので、とてもよい練習になるでしょう。プッシュアンドプルが多いのも特徴。ダンベルもポジション2座り漕ぎでプッシュアンドプルしながら行います。プッシュアンドプルのトルクの上げ方でプログラム全体の強度調整ができます。

 

BSL HIT8 (13-3-4) 総合評価20

標準の10曲構成。

10曲中6曲にポジション3ダブルタイムが登場。これぞレッグプログラムといった感じに漕ぎまくります。ダブルタイムで漕ぎながらサイドトゥーサイドやタピバ、といった身体全体を使うコリオが入ってくるので、体幹もしっかり使いますが、加えてスタンディングファストも3曲でてきますので脚の消耗は半端ないですよ。アップダウンの連続は脚(特に太もも)負荷が大きいです。長いカウントのポジション3ダブルタイムが何度か出てくるので、このプログラムを漕ぎ切れるようになるとポジション3ダブルタイムを会得したといってもいいのではないでしょうか。上級者への入り口のプログラムでしょう。

BSL ROCK1 (14-3-4) 総合評価21

11曲構成。

11曲構成なのと、ダンベルが9曲目にあることが標準プログラムと違う点。スタンディングファストは3曲目、ランはラストソングに一回ずつ出てくるだけですが、ポジション3ダブルタイムが4曲に登場、特に4曲目はペースが速いので高強度。5曲目にでてくるノーハンドプッシュアンドプルは体制を低くしてハンドルに触れずにプッシュアンドプルで漕ぎますが、脚へも腹筋へも効いてきます。

BSL DEEP1 (16-3-5) 総合評価24

レッグのディープは8曲構成です。

6分を超えるLONG曲が3曲。ペースが160の超速曲が1曲あります。BPM160のポジション2ダブルタイムは速いよー。一方でポジション3ダブルタイムは4曲。ダブルで漕ぎながらのダイヤモンドやサイドトゥーサイドも登場し、脚だけでなく体幹へのアプローチもなかなかのものです。5曲目に出てくるコンビネーションが少し変わっていますが、曲とあっていて中毒性あり。ダンベル曲もポジション3リズムで漕ぎながら片手にダンベル2本(1kg)持ってひたすらキックバックです。修行感たっぷりというわけでもなく、強度はそこそこですが、気持ちよいプログラムです。

BSL HOUSE1 (18-4-3) 総合評価25

10曲構成。

1曲目からスタンディングファストが出てきたり、2曲目にもうポジション3ラン64カウントが出てきたりで、序盤から飛ばしまくります。高い位置と低い位置でサイドトゥーサイドをするハイサイド&ローサイドが出てきたり、つま先立ちで漕ぐアンクルシェイプが出てきたり、レアコリオもあります。そのほか長いクラウチングがあったり、ダンベル中も漕いでたり、ランは合計で448カウント(!)出てきたりで、文句なしの脚強度は全プログラム中でもトップランク。


 

おすすめの記事はこちら

1

2021年7月1日 「新プログラム構成表」をリリースいたしました。   これまで、各プログラムについて、曲ごとに時間やペース、その曲中に出てくるコリオを一覧にした「構成表」を公開しておりまし ...

2

自宅にANYWHEREがあります。 何度か書いたことがあるので、ご承知の方もいるかと思いますが、私の自宅にはFEEL ANYWHEREがあります。昨年(2020年)の11月の末に公募された「FEEl ...

3

※2021年8月リリースのプログラムBB2 MLN3の強度評価とプログラム構成を提供いたします。 <2回以上受講できたものを順に公開していきますが、プログラム構成が間違っていることがあるかもしれません ...

-BSL プログラム

Copyright© FEEL CYCLE, FEEL MORE BRILLIANT , 2021 All Rights Reserved.