BB1 レギュラープログラム

BB1(2)中強度

  1. HOME >
  2. レッスンプログラム >
  3. (旧)構成表 >
  4. BB1 レギュラープログラム >

BB1(2)中強度

BB1シリーズの中では高強度グループの構成表を次に示します。

全体の中の強度の位置づけは、レギュラープログラム強度表をご覧ください。

 


BB1_2

 


 


BB1 Comp2(5-3-3) 総合評価11

練習パート2曲、メインパート8曲の全10曲構成。

BB1の中で脚をガンガン回すプログラムです。体験で受けるとヘロヘロになるでしょう。

メインパートの1曲目(全体の3曲目)に32カウント64カウントの2回、3曲目(全体5曲目)に32カウント64カウントの2回、ラストの曲に32カウント2回64カウント1回の計3回、全体で7回(計320カウント!)のポジション2ランが出てきます。もう一つの特徴はクランチが登場すること。クランチとダンベル2曲を除くとメインパートのうちで漕ぐのは6曲でそのうち3曲にランが入っているというBB1でも特異な存在。

BB1 DVGT(6-3-3) 総合評価12

練習パート2曲、メインパート8曲の全10曲構成。ダヴィッド・ゲッタというフランスのクラブDJの曲だけで構成されたアーティストシリーズです。(BB1ではもう一つQUEENプログラムがあります。)

BB1の中でもバランスの取れた良いプログラムだと思います。タップイットバックが出てきませんが、その他の基本的な動作は網羅。RUNは全体の6曲目とラストソングに2回登場。フィールサイクルに少し慣れてきたころから楽しく漕げる。

BB1 Comp3(9-4-2) 総合評価15

練習パート5曲、メインパート6曲構成。ただし練習パートの5曲目は練習パートの振り返りだけで漕ぎません。

メインパートの1曲目(全体の6曲目)がアヴィーチーのWake Me Upで、ポジション3立ち漕ぎでバックトゥーアップが結構長い時間でてきます。体験で受けると練習パートとメインパートの格差に驚くでしょう。ランはラストソングに64カウントが2回出てくるだけですが、ポジション2ダブルで快速に漕ぐ曲もあり、全体の強度はBB1で最も高いクラスでしょう。ただ、メインパートは6曲なのでなんとか乗り切りましょう。

BB1 QUEEN(9-3-3) 総合評価15

練習パート2曲、メインパート8曲の全10曲がクイーンの曲で構成されています。2018年の映画「ボヘミアン・ラプソディ」公開に合わせてリリースされました。

主なコリオはスタンディングファスト以外は出てきます。多くのコリオと共に、ポジション3ダブルタイムも(100カウント以上)出てくるのでBB1の総仕上げの練習にも最適でしょう。ラストソングはペースが155のポジション2高速ダブルタイムで疾走感を感じてください。


 

おすすめの記事はこちら

1

2021年7月1日 「新プログラム構成表」をリリースいたしました。   これまで、各プログラムについて、曲ごとに時間やペース、その曲中に出てくるコリオを一覧にした「構成表」を公開しておりまし ...

2

自宅にANYWHEREがあります。 何度か書いたことがあるので、ご承知の方もいるかと思いますが、私の自宅にはFEEL ANYWHEREがあります。昨年(2020年)の11月の末に公募された「FEEl ...

3

※2021年8月リリースのプログラムBB2 MLN3の強度評価とプログラム構成を提供いたします。 <2回以上受講できたものを順に公開していきますが、プログラム構成が間違っていることがあるかもしれません ...

-BB1 レギュラープログラム

Copyright© FEEL CYCLE, FEEL MORE BRILLIANT , 2021 All Rights Reserved.