BB1 レギュラープログラム

BB1(2)中強度

  1. HOME >
  2. レッスンプログラム >
  3. BB1 レギュラープログラム >

BB1(2)中強度

BB1シリーズの中では高強度グループの構成表を次に示します。

全体の中の強度の位置づけは、レギュラープログラム強度表をご覧ください。

 


BB1_2

 


 


BB1 Comp2(5-3-3) 総合評価11

練習パート2曲、メインパート8曲の全10曲構成。

BB1の中で脚をガンガン回すプログラムです。体験で受けるとヘロヘロになるでしょう。

メインパートの1曲目(全体の3曲目)に32カウント64カウントの2回、3曲目(全体5曲目)に32カウント64カウントの2回、ラストの曲に32カウント2回64カウント1回の計3回、全体で7回(計320カウント!)のポジション2ランが出てきます。もう一つの特徴はクランチが登場すること。クランチとダンベル2曲を除くとメインパートのうちで漕ぐのは6曲でそのうち3曲にランが入っているというBB1でも特異な存在。

BB1 DVGT(6-3-3) 総合評価12

練習パート2曲、メインパート8曲の全10曲構成。ダヴィッド・ゲッタというフランスのクラブDJの曲だけで構成されたアーティストシリーズです。(BB1ではもう一つQUEENプログラムがあります。)

BB1の中でもバランスの取れた良いプログラムだと思います。タップイットバックが出てきませんが、その他の基本的な動作は網羅。RUNは全体の6曲目とラストソングに2回登場。フィールサイクルに少し慣れてきたころから楽しく漕げる。

BB1 Comp3(9-4-2) 総合評価15

練習パート5曲、メインパート6曲構成。ただし練習パートの5曲目は練習パートの振り返りだけで漕ぎません。

メインパートの1曲目(全体の6曲目)がアヴィーチーのWake Me Upで、ポジション3立ち漕ぎでバックトゥーアップが結構長い時間でてきます。体験で受けると練習パートとメインパートの格差に驚くでしょう。ランはラストソングに64カウントが2回出てくるだけですが、ポジション2ダブルで快速に漕ぐ曲もあり、全体の強度はBB1で最も高いクラスでしょう。ただ、メインパートは6曲なのでなんとか乗り切りましょう。

BB1 QUEEN(9-3-3) 総合評価15

練習パート2曲、メインパート8曲の全10曲がクイーンの曲で構成されています。2018年の映画「ボヘミアン・ラプソディ」公開に合わせてリリースされました。

主なコリオはスタンディングファスト以外は出てきます。多くのコリオと共に、ポジション3ダブルタイムも(100カウント以上)出てくるのでBB1の総仕上げの練習にも最適でしょう。ラストソングはペースが155のポジション2高速ダブルタイムで疾走感を感じてください。


 

おすすめの記事はこちら

1

フィール大好きなオーサーが事業戦略を考えてみた われわれが大好きなフィールサイクル。その経営と事業戦略としてのFEEL ANYWHEREについて考察してみました。 ※この記事は、公開されて誰でも入手で ...

2

FEEL ANYWHEREどうしますか? 昨年末に自宅でフィールサイクルのレッスンが受けられるバイクとモニタがセットになったFEEL ANYWHEREのリリースが発表されました。何度も繰り返される緊急 ...

3

今回のロッカールームトークは「BB3とかスクリレックスとかって…のおはなし」です。 ときどきBB3のプログラム漕いでるけど、BB3ってどんな感じになってるの?Wife Authorサイトの読者さんから ...

4

2021年6月7日、BB2 Hit21の評価ができたのを機会に強度表を更新いたしました。 新規リリースプログラムのうちいくつかはまだ評価できるほど受講できていないので強度評価の記事は公開しておりません ...

-BB1 レギュラープログラム

Copyright© FEEL CYCLE, FEEL MORE BRILLIANT , 2021 All Rights Reserved.